本文へ移動
2020年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
営業時間AM9:00~☆土日祝日はお休みの為問合せの回答は月曜日以降順次となります。
  • 営業所正月休み
桜木総建株式会社
〒289-1115
千葉県八街市八街217-76
TEL.043-307-6177
FAX.043-307-6188
info@sspv.jp   
 

太陽光発電システム

太陽光発電とは?

太陽光発電は、太陽光エネルギーを直接電気に変換する発電方式の電池です。太陽電池によりシリコンなどの半導体光を当てると起電力を生じることを利用した現在,人工衛星や無人施設用の電源,身近な時計や電卓の電源などに普及しています。
 
太陽電池が組み込まれたソーラーパネルで太陽光のエネルギーを受け止め、そのエネルギーを電力に変換します。この発電した「直流電気」をパワーコンディショナーで「交流電気」に変換することで、送電線を通じて一般家庭で使える電力になります。
 
太陽光発電はエネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしく日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、導入量の更なる増加が期待されています。

太陽光発電の魅力

●魅力1 発電した電力は
発電した電力は買取制度の適用が20年間まで保証されます
 
●魅力2 環境に優しい
発電時にCO2(二酸化炭素)や、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの大気汚染物質を発生させることがありません。

固定価格買取制度(FIT)

経済産業省より

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、発電した電気を、電力会社が一定期間買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買取る費用の一部を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進みます。
 
※平成28年8月1日以降に接続契約を締結した太陽光は、新認定制度における認定時(旧制度の認定取得者は、みなし認定移行時)から3年間の運転開始期限が設定され、運転開始期限を超過した場合は、超過した期間分、買取期間が短縮されます(原則として日単位) 
※1 太陽光発電については、10kW未満は1年間、10kW以上は3年間の運転開始期限が付与されます。
※2 入札制度については経産省HPをご覧ください。 
※3 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

2020年FIT認定基準 改正

テレビのニュースで取上げられた2019年、台風15号や19号による太陽電池パネルが飛散、火災、水没などによる事例が多数発生いたしました。
そして多くの世帯の方が停電の長期化に困惑いたしました。この経験から政府は10㎾以上50㎾以下の太陽光発電システムに限り2020年度認定基準に、自家消費型パワコンの導入が義務付けられました。50㎾以上の設備は今後協議するものとし、設置者に対し台風期前までに留意を踏まえて発電設備の点検を実施するとともに、必要に応じて補強を行うなど事故防止について厳しく発表がありました。
TOPへ戻る